top of page

「クリスマスの現実」ルカ2:1~20

ルカ2:1~20

そのころ、全世界の住民登録をせよという勅令が、皇帝アウグストゥスから出た。

これは、キリニウスがシリアの総督であったときの、最初の住民登録であった。

人々はみな登録のために、それぞれ自分の町に帰って行った。

ヨセフも、ダビデの家に属し、その血筋であったので、ガリラヤの町ナザレから、ユダヤのベツレヘムというダビデの町へ上って行った。

身重になっていた、いいなずけの妻マリアとともに登録するためであった。

ところが、彼らがそこにいる間に、マリアは月が満ちて、男子の初子を産んだ。そして、その子を布にくるんで飼葉桶に寝かせた。宿屋には彼らのいる場所がなかったからである。

さて、その地方で、羊飼いたちが野宿をしながら、羊の群れの夜番をしていた。すると、主の使いが彼らのところに来て、主の栄光が周りを照らしたので、彼らは非常に恐れた。御使いは彼らに言った。「恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。」

すると突然、その御使いと一緒におびただしい数の天の軍勢が現れて、神を賛美した。

「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和がみこころにかなう人々にあるように。」

御使いたちが彼らから離れて天に帰ったとき、羊飼いたちは話し合った。「さあ、ベツレヘムまで行って、主が私たちに知らせてくださったこの出来事を見届けて来よう。」

そして急いで行って、マリアとヨセフと、飼葉桶に寝ているみどりごを捜し当てた。

それを目にして羊飼いたちは、この幼子について自分たちに告げられたことを知らせた。

聞いた人たちはみな、羊飼いたちが話したことに驚いた。

しかしマリアは、これらのことをすべて心に納めて、思いを巡らしていた。

羊飼いたちは、見聞きしたことがすべて御使いの話のとおりだったので、神をあがめ、賛美しながら帰って行った。


あなたが羊を見守っているとします。そこに急に、神の栄光で輝いている天使たちが現れたら、恐れを感じるでしょう。これは神の栄光を見た時の人間の自然の反応だと思います。しかしその天使は恐れるなと言ってくれます。

恐れることはありません。見なさい。私は、この民全体に与えられる、大きな喜びを告げ知らせます。

今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。

あなたがたは、布にくるまって飼葉桶に寝ているみどりごを見つけます。それが、あなたがたのためのしるしです。(ルカ2:10~12)


このように言われたあと、急におびただしい数の天の軍勢が現れました。天使たちは軍隊のように組織され、一つの軍団だけで六千もの天使がいました。声はラッパや雷のようでした。そのような声が一斉に主をたたえていたのです。 

「いと高き所で、栄光が神にあるように。地の上で、平和がみこころにかなう人々にあるように。」(ルカ2:14)

これだけのことが急に現れて、見たこともないような姿を見て聞いたら、頭が回り始めるはずです。そしてアドレナリンも飛び上がって、羊飼いたちはすぐにそのみどり子を見つけようと決めて、走って行きました。


じつは、羊飼いが天使たちを見たであろう場所に、今は正教会とカトリックの教会が建っています。生まれたばかりのイエスが眠っていた飼い葉おけがあったであろう場所にも降誕教会という教会が建っています。そしてルツがボアズと出会ったとされるボアズの谷と呼ばれる場所にも教会があります。このようにベツレヘムでは歴史的にも大きな出来事が起きています。

羊飼いたちがいた場所から降誕教会までは徒歩二十分です。急げば羊飼いたちは十分もかからなかったかもしれません。

飼い葉おけに眠っているイエスのところに羊飼いたちが現れました。天使たちを見てから十分くらいしかたっていない時で、もちろん羊飼いたちの頭はよく回っていたし心臓もドキドキして息も切れていました。ところが天使を見たばかりの羊飼いの目の前には、静かに父ヨセフと母マリアと赤ちゃんがいるだけでした。急に静かな落ち着いた場面になりました。彼らは走っている間、どんなものを想像していたでしょう。イスラエルも世界も待っていたキリストにこれから会えるのだと思っていたと思います。どんな姿なのか、どれほど栄光に満ちたものなのかを想像しながら走って来たと思います。しかし彼らが見たのはさきほどのような落ち着いた静かな場面で、よく見かけるような家族が集まっているだけでした。

先ほどの天使たちのことばがなければ、これが特別だと言えるものは何もありませんでした。目には見えないものがそこにあるという啓示がなければ、その偉大さに気づくことはありません。ヨセフの家族の前を通りすぎた人たちはだれもキリストが生まれたことに気づいていなかったでしょう。


このクリスマスのストーリーが私たちに教えていることの一つは、目に目見えない現実がそこにあるということです。そして私たちがその現実に目を留めるように教えています。神様はその目に見えない現実を、みことば、預言、幻、奇跡を通して教えています。そして何よりも受肉したイエスご自身を通して目には見えない現実を表しています。イエスが赤ちゃんの時も大人になってからも、ただの人間にしか見えませんでした。しかし神の啓示はそれ以上のものを私たちに与えています。

今の世を肉の目で見ると、日本は自民党に支配されているように見えるかもしれません(文句ではありません)。肉の目で見ると、世界はソロスやロスチャイルド家などに支配されているように見えるかもしれません。あるいは力とお金と影響力のある人間たちにこの世が支配されているように見えるかもしれません。大事なことはホワイトハウスやペンタゴンや最高裁判所や国会議事堂で決められているように見えるかもしれません。私たちの注意はそこに向きます。もしかしたら、証券取引所や銀行の動向に注目する人もいるでしょう。しかしこのクリスマスのストーリーは、別の現実を私たちに教えています。この飼い葉おけに生まれたみどり子が世界の支配者、王であるということです。そして私たちの肉の目で見えるすべてのものをイエスは今も支配しておられます。


今は令和五年だと思っているかもしれませんが、じつはアンノドミニ(Anno Domini:主の年)2023年なのです。

クリスマスのストーリーは肉の目だけで世界を見るべきではないことを教えてくれます。ただ飼い葉おけに集まっている貧乏な家族を見るのではなくて、信仰の目で見ればイエスの周りを囲んでいる天使たちが見えます。彼らはイエスの前で拝んで賛美して歌っています。この小さな赤ちゃんは世界を創造したお方、世界をさばくお方である。人々は簡単にカエサルやピラトに注目しますし、エルサレムに建っているヘロデの神殿こそが神殿だと思うかもしれません。しかし世界の王はイエス・キリスト、そして神殿はイエスのからだなのです。

また、私たちが自分の生活を見た時、自分のキャリア、食べ物、着る物、家、車、魅力的な異性、などに注目して、この世の思い煩いに気をとられて、そこで私たちに誘惑を与えている悪霊たちがみえなかったりします。

私たちはこの世の法律にどれだけ従ったかでさばかれません。社長を喜ばせたかどうかで評価されません。私たちはイエスに従ってイエスを喜ばせたかどうか、それでさばかれます。私たちがこの世でどれだけお金をもうけたかではなくて、どれだけ天に宝を蓄えたかで裕福な者となります。神様は私たちを学歴や職歴などで認めるのではなくて、どれだけキリストに対して誠実で信仰をもってきよかったかで認められます。


本日の午後はクリスマス祝会で、小さい子どもたちによる劇が行われますが、イエスの誕生の場面はある意味でとてもシンプルです。伝統的な絵画やイコンには、イエスの誕生のリアルなものだけが書かれているのではありません。周りに天使たちがいて、羊飼いも、博士たちも礼拝しに来ていて、一つの絵で究極的な現実を描写するのが伝統的なイコンや絵画なのです。霊的な現実を描写しています。


私たちも、ただこの小さい部屋に集まって座っているわけではありません。私たちは今も、聖徒たち、天使たちに囲まれて、イエスの御前に集まっています。先ほど洗礼式がありましたが、赤ちゃんの頭が水でぬれるのを見たのではなく、赤ちゃんの上に御霊が降ってきたのを目撃したのです。私たちの目の前で赤ちゃんが神の子、天の国民となり、永遠に私たちの家族の一員となりました。

このあとも、武蔵野市にある教会で一緒にパンを食べるのではありません。私たちは天にあるキリストの食卓に集まって、キリストご自身をいただきます。


私たちが信じている神は、ご自分の力と栄光を隠すお方です。ご自分の神性に人性をまとうお方です。私たちはこのようなへりくだった神を信じています。神が私たちから栄光を隠すのは、私たちが信仰を学ぶためです。常に私たちの目の前に神様が現れて目に見える状態であれば、信仰をもつ必要はありません。目に見るもので理解が強制的に行われるのではなくて、神様はみことばを通して私たちに語ります。それで私たちに目で見えるものの意味を教えてくれます。だから私たちは神様を信じて、信仰をもって生きることができます。この現実を忘れることなく、むしろそれに従って生きて行きましょう。私たちがこの御使いたちや羊飼いたちのように神の真実と栄光を人に伝える御使いになりましょう。




閲覧数:2回

Comments


bottom of page