top of page

「ペンテコステの祝福」使徒の働き2:1〜21

説教者:ラルフ・スミス牧師


「ペンテコステの祝福」

使徒の働き2:1〜21

五旬節の日になって、皆が同じ場所に集まっていた。すると天から突然、激しい風が吹いて来たような響きが起こり、彼らが座っていた家全体に響き渡った。また、炎のような舌が分かれて現れ、一人ひとりの上にとどまった。すると皆が聖霊に満たされ、御霊が語らせるままに、他国のいろいろなことばで話し始めた。

さて、エルサレムには、敬虔なユダヤ人たちが、天下のあらゆる国々から来て住んでいたが、この物音がしたため、大勢の人々が集まって来た。彼らは、それぞれ自分の国のことばで弟子たちが話すのを聞いて、呆気にとられてしまった。彼らは驚き、不思議に思って言った。「見なさい。話しているこの人たちはみな、ガリラヤの人ではないか。それなのに、私たちそれぞれが生まれた国のことばで話を聞くとは、いったいどうしたことか。私たちは、パルティア人、メディア人、エラム人、またメソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントスとアジア、フリュギアとパンフィリア、エジプト、クレネに近いリビア地方などに住む者、また滞在中のローマ人で、ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレタ人とアラビア人もいる。それなのに、あの人たちが、私たちのことばで神の大きなみわざを語るのを聞くとは。」人々はみな驚き当惑して、「いったい、これはどうしたことか」と言い合った。だが、「彼らは新しいぶどう酒に酔っているのだ」と言って、嘲る者たちもいた。

ペテロは十一人とともに立って、声を張り上げ、人々に語りかけた。「ユダヤの皆さん、ならびにエルサレムに住むすべての皆さん、あなたがたにこのことを知っていただきたい。私のことばに耳を傾けていただきたい。今は朝の九時ですから、この人たちは、あなたがたが思っているように酔っているのではありません。

これは、預言者ヨエルによって語られたことです。

『神は言われる。終わりの日に、わたしはすべての人にわたしの霊を注ぐ。あなたがたの息子や娘は預言し、青年は幻を見、老人は夢を見る。その日わたしは、わたしのしもべにも、はしためにも、わたしの霊を注ぐ。すると彼らは預言する。また、わたしは上は天に不思議を、下は地にしるしを現れさせる。それは血と火と立ち上る煙。主の大いなる輝かしい日が来る前に、太陽は闇に、月は血に変わる。しかし、主の御名を呼び求める者はみな救われる。』

この使徒の働き2章にはペンテコステの日に起きたことが書いてある。皆さんはこの長い箇所の中に旧約聖書を指しているところがたくさんあったことに気づいただろうか。そしてじつはペンテコステの日の話には新約聖書の背景もある。今日読んだヨハネ15章もその一つである。まず新約聖書の背景から見ようと思う。

●新約聖書の背景

ペンテコステの新約聖書の背景はバプテスマのヨハネから始まる。

【ルカ3:16】そこでヨハネは皆に向かって言った。「私は水であなたがたにバプテスマを授けています。しかし、私よりも力のある方が来られます。私はその方の履き物のひもを解く資格もありません。その方は聖霊と火で、あなたがたにバプテスマを授けられます。

そのすぐ後でイエス様がバプテスマを受けたとき、天の父から御霊が鳩のように降って来た。イエス様はその御霊に導かれて荒野で四十日間サタンと戦った。四十日間の戦いの後で、イエス様はバプテスマのヨハネのところに戻った。

【ヨハネ1:29~34】その翌日、ヨハネは自分の方にイエスが来られるのを見て言った。「見よ、世の罪を取り除く神の子羊。『私の後に一人の人が来られます。その方は私にまさる方です。私より先におられたからです』と私が言ったのは、この方のことです。私自身もこの方を知りませんでした。しかし、私が来て水でバプテスマを授けているのは、この方がイスラエルに明らかにされるためです。」

そして、ヨハネはこのように証しした。「御霊が鳩のように天から降って、この方の上にとどまるのを私は見ました。私自身もこの方を知りませんでした。しかし、水でバプテスマを授けるようにと私を遣わした方が、私に言われました。『御霊が、ある人の上に降って、その上にとどまるのをあなたが見たら、その人こそ、聖霊によってバプテスマを授ける者である。』私はそれを見ました。それで、この方が神の子であると証しをしているのです。」

ヨハネは、御霊が降ってその上にとどまる人を待っていた。その人が御霊のバプテスマを行うからである。

このバプテスマのヨハネの預言のことばはマタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四福音書すべてにある。

イエス様ご自身が御霊を与えてくださることについて約束してくださっているが、その預言がいつどのように成就されるのかは何も教えていない。

【ヨハネ14:16〜17】そしてわたしが父にお願いすると、父はもう一人の助け主をお与えくださり、その助け主がいつまでも、あなたがたとともにいるようにしてくださいます。この方は真理の御霊です。世はこの方を見ることも知ることもないので、受け入れることができません。あなたがたは、この方を知っています。この方はあなたがたとともにおられ、また、あなたがたのうちにおられるようになるのです。

イエス様が復活した後で、四十日間弟子たちと一緒にいて、昇天して十日後のペンテコステの時に預言通り御霊が与えられた。今日読んだ箇所に書いてある通りである。新約聖書の背景は、バプテスマのヨハネの預言とイエス様の約束、そして実際にイエス様が昇天してから十日後に御霊を与えてくださったことである。簡単に言えば、それが新約聖書の背景である。


●旧約聖書の背景

・祭りとしての背景

旧約聖書のペンテコステは、ペンテコステという呼び方ではなくて七週の祭りと言われている。出エジプト記、レビ記、民数記、申命記に出てくるが、この祭りが一番最初に出て来るのは出エジプト記23:16である。

【出エジプト23:16】また、あなたが畑に種を蒔いて得た勤労の初穂を献げる刈り入れの祭りと、年の終わりに、あなたの勤労の実を畑から取り入れるときの収穫祭を行わなければならない。

ここでは七週の祭りではなくて刈り入れの祭りと呼ばれている。

【レビ23:15~16】あなたがたは、安息日の翌日から、奉献物の束を持って行った日から満七週間を数える。七回目の安息日の翌日まで五十日を数え、あなたがたは新しい穀物のささげ物を主に献げる。

刈り入れの祭りの説明をしている中で、七週間、五十日、ということばが出て来る。七週間たった翌日の五十日目がペンテコステの祭りである。

出エジプト記23:16は穀物の刈り入れを記念する祭りであるが、非常に簡単に浅く言えば、ペンテコステの旧約聖書の祭りの背景はこれである。

・歴史的な背景

歴史的な背景はその前の出エジプト19章にある。

【出エジプト19:4〜6】『あなたがたは、わたしがエジプトにしたこと、また、あなたがたを鷲の翼に乗せて、わたしのもとに連れて来たことを見た。今、もしあなたがたが確かにわたしの声に聞き従い、わたしの契約を守るなら、あなたがたはあらゆる民族の中にあって、わたしの宝となる。全世界はわたしのものであるから。あなたがたは、わたしにとって祭司の王国、聖なる国民となる。』これが、イスラエルの子らにあなたが語るべきことばである。」

イスラエルがエジプトから連れ出されてシナイ山まで歩き、神様がシナイ山に降りてきて、イスラエルに律法を与えてくださったのは出エジプトから五十日後のことであった。ペンテコステの祭りについて語る旧約聖書の箇所ではシナイ山について何も書いていない。申命記16章にはヒントのようなものはあるが、はっきりとは書いていない。しかし昔のイスラエル人はそのことに気づいていた。七週間の祭りはじつは神様がシナイ山に降りてきたことの背景であることはイスラエル人はみんなわかっていた。創造主なる神様がシナイ山に降りて来てくださったことは非常に大きな大切な出来事である。イスラエルの前に神がシナイ山に降りて来た時、雲、嵐、稲妻、大きな音でイスラエル人はみんな怖くなった。

神様がご自分の御栄光をイスラエルに表してくださったが、神様がシナイ山に降りてきてくださったことは天幕において記念される。そしてエデンの園を指している。天幕はシナイ山を横にしたものである。天幕の至聖所には神様がモーセにもらった十戒の板が二枚収められているが、それがシナイ山の頂上なのである。天幕の庭に祭壇があってそこでいけにえをささげたりする。シナイ山で神様がイスラエルの上に降りてきてご自分の栄光を表している。それによって神様がイスラエルとともにいて下さることがわかる。同じようにイスラエルの天幕の上に神様が降りて来て、ご自分の栄光を表してくださる(出エジプト40章)。イスラエルが天幕を運ぶときにシナイ山の神様が一緒にいてくださる。すべての国の民の中で、イスラエルを宝の民としてくださるという約束がそのことにおいて成就される。

出エジプト記を読むとき、エデンの園の背景に気づいた人がいるかもしれない。アダムとエバはエデンの園から追い出されて、ノアの洪水でエデンの園自体は破壊された。それ以来、神様がイスラエルとともにいてくださる聖なる場所はこの世になくなった。シナイ山に降りて来てくださった神様が、イスラエルの天幕を通してエデンの園のように神様がともにいてくださる場所を与えてくださった。イスラエルは創造主なる神様に近づいて礼拝し、いけにえをささげることができる場所が与えられた。大祭司は年に一度だけ贖いの日に至聖所に入る。大祭司が一人で入るが別の意味で一人ではない。肩にイスラエルの十二部族の名前があって、胸当てにはイスラエルの十二部族を表す石があるからだ。つまり大祭司はイスラエルの代表として神の御前に立って、礼拝をささげているのである。エデンの園に戻ったイスラエルの祝福をそこで見ることができる。

もう一つはバベルの塔である。出エジプト記を読んでもバベルの塔のことを考えないかもしれないが、使徒の働き2章でバベルの塔の話を思い出したと思う。使徒の働き2章で、五旬節の日に使徒たちが聖霊に満たされていろいろな言葉で話し始めた。

【使徒の働き2:7~8】彼らは驚き、不思議に思って言った。「見なさい。話しているこの人たちはみな、ガリラヤの人ではないか。それなのに、私たちそれぞれが生まれた国のことばで話を聞くとは、いったいどうしたことか。私たちは、パルティア人、メディア人、エラム人、またメソポタミア、ユダヤ、カパドキア、ポントスとアジア、フリュギアとパンフィリア、エジプト、クレネに近いリビア地方などに住む者、また滞在中のローマ人で、ユダヤ人もいれば改宗者もいる。またクレタ人とアラビア人もいる。それなのに、あの人たちが、私たちのことばで神の大きなみわざを語るのを聞くとは。」

このリストの中に、ヘブライ語とアラム語が入っていない。旧約聖書はその二つの言語によって書かれたのに、それが入っていない。しかしこれはバベルの塔の呪いが御霊によって取り除かれたことを表している。バベルの塔の時は一つの言葉と一つの宗教を持っていたが、それがバラバラにされて、たくさんの言葉とたくさんの宗教になるというさばきが与えられた。これは人類として死ぬようなさばきである。自分のたましいがからだから引き裂かれて死んだような状態になったのだ。人類全体は一つであったのにバラバラにされて、バベルの塔のさばきはまさに人類の死だった。イエス様が昇天して御霊を送ってくださり、その御霊の祝福によって人類に新しいいのちが与えられた。それでシナイ山の上に永遠なる神様が降ってご自身をイスラエルに表してくださったように、ペンテコステの日にバプテスマのヨハネが預言したように、イエス様が約束してくださったように、御霊なる神様が降って来た。ニムロデはバベルの塔を作ってむりやり天に上って行こうとしたので神様にさばかれた。ペンテコステの日に神様ご自身が降りてきてくださって、私たちを祝福してくださった。恵みなる神様の方がイスラエルを求めて、聖なる国民、宝の民としてくださった。イスラエルを愛して積極的に求めてくださった神様が、続けて一方的に恵みをもって罪人の救いを求めてくださっている。

御父は御子イエス様をこの世に遣わしてくださり、イエス様は三年半ほどイスラエルに悔い改めるように呼びかけた。そして天に昇って御霊を与えてくださった。御霊は四十年間(AD30年~70年まで)働いて、教会を通してイスラエルに悔い改めを呼びかけて、二回目の祝福を与える機会を積極的に求めてくださった。イエス様に罪を犯しても赦されるが、御霊を受け入れず、御霊の証しを拒絶することは赦されない。四十年間御霊が教会を通して語ってくださったのに、イスラエルは御霊を拒絶したので赦されなかった。最後に神様はエルサレムと神殿をさばいた。それがイスラエルの終わりである。

御霊の働きは使徒の働き2章から始まって、ずっと新約聖書の中でイエス様を信じるユダヤ人とイエス様を信じる異邦人が一つにならなければいけないと教えている。バベルの塔のさばきが取り除かれたので一つでないとだめ。これが福音に含まれる神の恵みの約束である。

【ガラテヤ2:11~14】ところが、ケファがアンティオキアに来たとき、彼に非難すべきことがあったので、私は面と向かって抗議しました。ケファは、ある人たちがヤコブのところから来る前は、異邦人と一緒に食事をしていたのに、その人たちが来ると、割礼派の人々を恐れて異邦人から身を引き、離れて行ったからです。そして、ほかのユダヤ人たちも彼と一緒に本心を偽った行動をとり、バルナバまで、その偽りの行動に引き込まれてしまいました。彼らが福音の真理に向かってまっすぐに歩んでいないのを見て、私は皆の面前でケファにこう言いました。「あなた自身、ユダヤ人でありながら、ユダヤ人ではなく異邦人のように生活しているのならば、どうして異邦人に、ユダヤ人のように生活することを強いるのですか。」

このようにパウロはケファ(ペテロ)を叱った。ペテロのこのような行いは福音を否定する行いである。イエス様の十字架によって、異邦人とユダヤ人はイエス様を信じて一つになる。それを二つにするというのはバベルの塔のさばきがイエス様の十字架によって取り除かれていないことになる。だからバベルの塔のさばきがそのまま教会を支配することは福音を否定することなのである。

御霊が与えられたので、主イエス・キリストを信じる者は一つである。一致をどのように表すのかというと一緒に食べることである。これはマクドナルドの話ではなくて、一緒に聖餐をいただくことである。バプテスマを受けて、主イエス・キリストを信じる信仰告白をする人たちは、それがどのような背景でも同じ聖餐を一緒にいただくべきである。それが御霊の御恵みを信じる告白でもあるし、十字架を信じる告白でもあるし、キリストにある一致を行動において表現することでもある。私たちの教会では、カトリックであってもプロテスタントであっても三位一体の神様を信じる告白をしてバプテスマを受けて、その人が例えばアルカポネのように信仰を明白に否定する生活を送っていないなら、一緒に聖餐を受けることができる。


信仰告白をして、自分の罪の悔い改めをして神の恵みを求める人はだれでも同じ聖餐を受けることができる。これはペンテコステの祝福を信じて行動していることになる。ペンテコステの日に、一人一人の上に火があった。つまり一人一人がシナイ山のようなもの、神殿のようなものになって、御霊が住んでくださった。ペンテコステの日にシナイ山のような祝福が与えられた。バベルの塔のさばきが取り除かれて、エデンの園のさばきが取り除かれて、新しい人類、新しい神殿をイエス様が歴史の中で作ってくださっている。私たちはイエス様とともにその働きをする。私たちが福音を伝える時に、御霊がそれを用いて、働いて、人々がイエス様を信じてバプテスマを受けて、神の教会が歴史の中で成長していく。ペンテコステの日に御霊が与えられた祝福は、旧約聖書のペンテコステの意味を成就することであるし、バベルの塔のさばきを取り除くことであるし、私たちが教会として主イエス・キリストにある一致が与えられたことである。クリスマスもイースターも季節であるが、ペンテコステは一日の祭りである。しかしペンテコステの意味は非常に大きい。毎回バプテスマを行うときは小さなペンテコステである。赤ちゃんでも大人でも、罪が赦されて、御霊の祝福が与えらえて、ペンテコステの時のように神様が降って来て祝福してくださる。このように、ペンテコステは常に私たちが記念しているものである。聖餐を一緒にいただくときに、御霊が与えてくださる一致を喜び、そして告白している。そのことを覚えて一緒に聖餐を受けたいと思う。





閲覧数:2回

Comments


bottom of page