top of page

「ニコデモとイエス様」ヨハネ3:1〜21

説教者:ギャリー・ヴァンダービン牧師


ヨハネ3:1〜21

さて、パリサイ人の一人で、ニコデモという名の人がいた。ユダヤ人の議員であった。

この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられなければ、あなたがなさっているこのようなしるしは、だれも行うことができません。」イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」ニコデモはイエスに言った。「人は、老いていながら、どうやって生まれることができますか。もう一度、母の胎に入って生まれることなどできるでしょうか。」イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることはできません。肉によって生まれた者は肉です。御霊によって生まれた者は霊です。

あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思ってはなりません。風は思いのままに吹きます。その音を聞いても、それがどこから来てどこへ行くのか分かりません。御霊によって生まれた者もみな、それと同じです。」ニコデモは答えた。「どうして、そのようなことがあり得るでしょうか。」イエスは答えられた。「あなたはイスラエルの教師なのに、そのことが分からないのですか。まことに、まことに、あなたに言います。わたしたちは知っていることを話し、見たことを証ししているのに、あなたがたはわたしたちの証しを受け入れません。わたしはあなたがたに地上のことを話しましたが、あなたがたは信じません。それなら、天上のことを話して、どうして信じるでしょうか。だれも天に上った者はいません。しかし、天から下って来た者、人の子は別です。モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子も上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」

神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。神が御子を世に遣わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって世が救われるためである。御子を信じる者はさばかれない。信じない者はすでにさばかれている。神のひとり子の名を信じなかったからである。そのさばきとは、光が世に来ているのに、自分の行いが悪いために、人々が光よりも闇を愛したことである。悪を行う者はみな、光を憎み、その行いが明るみに出されることを恐れて、光の方に来ない。しかし、真理を行う者は、その行いが神にあってなされたことが明らかになるように、光の方に来る。

父と子と聖霊の御名によって、皆さんに恵みと祝福がありますように。

ヨハネ2章の終わりのところでイエスは祭りのためにエルサレムに来たところでした。イエスが行ったしるしを見て多くの人がイエスを信じました。

【ヨハネ2:23】過越の祭りの祝いの間、イエスがエルサレムにおられたとき、多くの人々がイエスの行われたしるしを見て、その名を信じた。

イエスがどんなしるしを行ったのか分かりませんが、ヨハネはイエスがただ奇跡を行ったことだけを伝えています。このしるしによってイエスはいよいよご自分をイスラエルに表すことを期待しますが、ヨハネは驚くことを言います。

【ヨハネ2:24】しかし、イエスご自身は、彼らに自分をお任せにならなかった。すべての人を知っていたので、人についてだれの証言も必要とされなかったからである。イエスは、人のうちに何があるかを知っておられたのである。

イエスは弟子たちにご自分を委ねないと言うのです。彼らの心に何があるかを知っていたからです。時々私たちは、人々がイエスの奇跡を見れば福音を信じるはずだと思ったりします。このしるしを見れば、あの奇跡を見れば、きっと信じるのに、と思います。しかし、ルカ16章のラザロと金持ちの話を覚えているでしょう。金持ちは死んだあと苦しんでアブラハムに語りかけます。

【ルカ16:27〜31】金持ちは言った。『父よ。それではお願いですから、ラザロを私の家族に送ってください。私には兄弟が五人いますが、彼らまでこんな苦しい場所に来ることがないように、彼らに警告してください。』しかし、アブラハムは言った。『彼らにはモーセと預言者がいる。その言うことを聞くがよい。』金持ちは言った。『いいえ、父アブラハムよ。もし、死んだ者たちの中から、だれかが彼らのところに行けば、彼らは悔い改めるでしょう。』アブラハムは彼に言った。『モーセと預言者たちに耳を傾けないのなら、たとえ、だれかが死人の中から生き返っても、彼らは聞き入れはしない。

金持ちは、兄弟が奇跡を見れば信じるかもしれないとか、死んだ人がよみがえってその人たちのところに行けば彼らは信じるかもしれないと言います。しかしアブラハムは彼らに、預言者たちに耳を傾けないなら、つまり御言葉を聞いても信じないのなら、イエスのしるしを見ても信じませんと言いました。このエルサレムにいる人々は本当の信仰を持っていませんでした。彼らは闇の中にいます。だからイエスがいくらしるしを見せてもまことの信仰には至らないのです。


⚫️さて、パリサイ人の一人で、ニコデモという名の人がいた。ユダヤ人の議員であった。

この人が、夜、イエスのもとに来て言った。「先生。私たちは、あなたが神のもとから来られた教師であることを知っています。神がともにおられなければ、あなたがなさっているこのようなしるしは、だれも行うことができません。」(ヨハネ3:1~2)

この段落の中で一人の人が夜にイエスに会いに来ました。その人の名はニコデモです。ユダヤ人の議員でパリサイ人でした。彼には信仰がありました。しかし信じているけれど、不信仰の部分にはイエスの助けが必要でした。彼は闇のうちにいましたが、創造のはじめに闇から光が出たようにイエスの光が彼の心の中を照らすように呼び掛けました。イエスがご自分の民のところに来た時、民は受け入れませんでした。それは彼らが闇のうちにいたからです。しかしイエスの光はニコデモやナタナエルのようにイエスを信じる人たちの心を照らしました。

【ヨハネ1:47〜49】イエスはナタナエルが自分の方に来るのを見て、彼について言われた。「見なさい。まさにイスラエル人です。この人には偽りがありません。」ナタナエルはイエスに言った。「どうして私をご存知なのですか。」イエスは答えられた。「ピリポがあなたを呼ぶ前に、あなたがいちじくの木の下にいるのを見ました。」ナタナエルは答えた。「先生、あなたは神の子です。あなたはイスラエルの王です。」

ナタナエルはイエスを信じましたが彼にもっと光が必要です。ニコデモも同じような状況にいます。イエスを信じていますが闇のうちにいるのでもっと光が必要です。

いろいろな面で私たちも同じ状況です。私たちは闇の世界に生きています。福音の光を受け入れない世に生きています。しかし、その光は私たちの心を照らしています。私たちは信じています。それで毎週日曜日に教会に来て、イエスに「もっと光をください」と願います。私の心の闇を取り除いてくださいと願います。

ニコデモはイエスのしるしを見て、イエスが神から来たことを知っていました。このような奇跡はメシアにしかできないからです。ニコデモはイエスに、私が理解できるように助けてください、私は信じています、私の信仰を助けてください、と頼みます。イエスはニコデモの願いに答えます。イエスがよくやるように直接ではなく間接的に答えます。


⚫️イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。」ニコデモはイエスに言った。「人は、老いていながら、どうやって生まれることができますか。もう一度、母の胎に入って生まれることなどできるでしょうか。」イエスは答えられた。「まことに、まことに、あなたに言います。人は、水と御霊によって生まれなければ、神の国に入ることはできません。(ヨハネ3:3~5)

ニコデモが新しく生まれなければイエスを理解することはできません。そしてイエスが行うしるしも完全に理解することができません。

ニコデモは混乱していました。彼はイエスを信じたいけれど、理解できません。彼はイスラエルでは教師であり支配者なのに聖書のことを忘れています。イエスを誤解しています。

もう一度母の胎に入るのは不可能ではないかとニコデモは思いました。それでイエスは私たちを教えるように忍耐をもってニコデモに教え始めました。イエスはニコデモを叱ったり侮辱したりしません。優しく彼を導きました。

神は礼拝において私たちに寄り添ってくださいます。御言葉が朗読されて、説教によってその説明がなされるのです。

パウロは、説教者が説教する時はイエスのことばを語っています、と言っているのを皆さんはご存知ですか。

【ローマ10:14】しかし、信じたことのない方を、どのようにして呼び求めるでしょうか。聞いたことのない方を、どのようにして信じるのでしょうか。宣べ伝える人がいなければ、どのようにして聞くのでしょうか。

だから神の家に入ってイエスの足元に座ってイエスの声を聞くことがこれだけ大きな喜びになるのです。


⚫️あなたがたは新しく生まれなければならない、とわたしが言ったことを不思議に思ってはなりません。風は思いのままに吹きます。その音を聞いても、それがどこから来てどこへ行くのか分かりません。御霊によって生まれた者もみな、それと同じです。」(ヨハネ3:7~8)

人は御霊によって新しく生まれなければなりません。御霊は御父が選ぶ者にいのちの息を吹き込みます。イエスはニコデモに、幼い頃から聞いているみことばを思い出してください、と言います。

【創世記1:2】地は茫漠として何もなく、闇が大水の面(おもて)の上にあり、神の霊がその水の面を動いていた。

創造の初めに水の面(おもて)にいたのが御霊でした。そして上からいのちを与えました。塵(ちり)の人であるアダムの鼻に息を吹き込んだのも御霊です。

【創世記8:1】神は、ノアと、彼とともに箱舟の中にいた、すべての獣およびすべての家畜を覚えておられた。神は地の上に風を吹き渡らせた。すると水は引き始めた。

ノアの洪水の最後に御霊が吹きました。そして水が引きました。

【出エジプト14:22】イスラエルの子らは、海の真ん中の乾いた地面を進んで行った。水は彼らのために右も左も壁になった。イスラエルの民が紅海の乾いたところを渡った時に御霊が洗礼を与えていました。

エジプトには死が与えられましたが、御霊がイスラエルの民にいのちを注ぎました。

【エゼキエル36:25~26a】わたしがきよい水をあなたがたの上に振りかけるそのとき、あなたがたはすべての汚れからきよくなる。わたしはすべての偶像の汚れからあなたがたをきよめ、あなたがたに新しい心を与え、あなたがたのうちに新しい霊を与える。

イエスはニコデモに、預言者を思い出すようにと言います。エゼキエル36章には、神がイスラエルの乾いた民に水を注ぎ、ご自分の霊を与えると書いてあります。


⚫️イエスは答えられた。「あなたはイスラエルの教師なのに、そのことが分からないのですか。(ヨハネ3:10)

人は水と霊によって新しく生まれなければ、神の国を見ることはできません。

ニコデモだけではなくて、イスラエル全体だけではなくて、人類全体が上から生まれなければ闇のうちにいるのです。

【エゼキエル37:8〜9】私が見ていると、なんと、その上に筋がつき、肉が生じ、皮膚がその上をすっかりおおった。しかし、その中に息はなかった。そのとき、主は言われた。「息に預言せよ。人の子よ。預言してその息に言え。『神である主はこう言われる。息よ、四方から吹いて来い。この殺された者たちに吹きつけて、彼らを生き返らせよ。』」

イエスはニコデモに、イスラエルの乾いた骨の預言を覚えていますよね、と言います。御霊が骨に息を吹き込みます。そして骨がつながって筋がつき、その上に肉が生じ、皮膚が全体をおおいました。イスラエル全体が死んだ状態だったので、生き返らなければなりませんでした。


⚫️だれも天に上った者はいません。しかし、天から下って来た者、人の子は別です。モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子も上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」(3:13~15)

イエスはニコデモに、人は水と霊によって新しく生まれなければならないと言います。では御霊はどのように死人にいのちを与えるのでしょうか。

その答えは今日の福音書の朗読の中にあります。

御霊はイエス・キリストの復活によっていのちを与えます。

ここでイエスは過去の話をします。これはイスラエルが蛇に噛まれて苦しんでいた出来事を指しています。当時のイスラエルは上を見上げる必要がありました。青銅の蛇を見ていのちを得るためです。イエスはニコデモに、これが人の子の上に起きなければならないと言いました。人の子は上に上げられて十字架にかけられなければなりませんでした。イスラエルの代わりに、ニコデモの代わりに、私たちの代わりに死ななければなりません。古い人、古い世界がなくなるために。救いは上から来ます。イエスが復活した時に、私たちもイエスとともに上に上げられます。イエスはニコデモに、あなたはこれを理解しなければならないと言います。このしるしはすべてイエスを指しています。イエスに希望と信頼をおけば、あなたも上から生まれることができますと言います。そして御霊があなたを私のところに連れてきます。闇から光へ導きます。十字架を見上げれば天の御国を見ることができます。イエスは毎週の日曜日に、私たちの同じ真実を思い出させます。信じるのは一回目でも十回目でも二百回目でも、イエスは「私を見上げなさい」と言います。私たちが十字架にかけられて復活したイエスに希望をもたなければ、私たちは天の御国を見ることはできません。これは私たちが何度も聞かなければならないメッセージです。イスラエルの教師でさえこれだけ間違うなら、ニコデモでさえみことばを正しく読むことができないのであれば、私たちも自分たちが十字架を必要とすることを常に思い出さなければなりません。


私たちが自分に正直であるなら、私たちは他のところからいのちを求めてしまう者だと認めるしかありません。お金があといくらあれば救われるとか、あと何回セラピストに通えば救われるとか、ちゃんと計画を立てれば救われると思うかもしれません。しかしイエスはニコデモと私たちに、救われる道はただ一つ、上から生まれることだと言います。


時々私たちは、自分はいい人だから神が恵みを与えてくれるだろうと思ったりします。アブラハムの召しに関して昔のユダヤ人の話があります。一世紀のユダヤ教徒がなぜアブラハムが選ばれたのかと聞きました。いろいろな考えや意見がありますが、悪いストーリーだけど一番好きなバージョンをご紹介します。バベルの塔が作られていた時代に十二人の正しい人がそれに反対しました。当時の人類は十二人を嘲笑っていじめました。結局そのうちの十一人は妥協してしまいましたがアブラハムだけは最後まで反対しました。この善行のために神はアブラハムを選びました、というお話です。しかしパウロは、アブラハムが善を行ったから選ばれたと言っていますか。いいえ。アブラハムもアダムの子です。

【ローマ3:12b】善を行う者はいない。だれ一人いない。

なぜこの話をしているのかというと、改革派のクリスチャンも他の人と変わらず罪深いということを忘れたりするからです。それでもある人たちはこう言います。私たちが上から生まれる必要があることは分かっています。でも正直に考えましょう。私たちの方が他の人よりも少しはマシです。ラルフ・スミス牧師が良い人なので、ブブ牧師のポーランド語が上手なので、ゲリー牧師のヒゲが素晴らしいので、そして私たちはどこかで自分が人よりも優っていると考えがちです。自分が救われるのは納得できます。でも罪を犯したあの人はどうなのか、刺青が入っているあの人はどうなのかと考えてしまわないでしょうか。

神が救えない人もいるのではないかと考え始めます。そのようにして罪こそすべての人に平等であることを忘れます。パウロは私たちが自分の罪の中に死んでいることを思い出させます。私たちは一人残らず上から生まれなければならないことを伝えます。そして私たちはみんな十字架にかけられたキリストに目を留めなければならないことを思い出させます。そしてイエスの恵みを求める必要があることを思い出させます。

モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子も上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。(ヨハネ3:14~15)

父と子と聖霊の御名によって、アーメン




閲覧数:0回

Comments


bottom of page